株式会社あおごち

製品開発(電子通信機器)

~ワクワクを創ろう~風とナビと音楽と、もっと楽しく走ろう

株式会社あおごちは、平成29年4月に入居した電子通信機器製品の開発を行うベンチャー企業です。入居してからの研究開発の内容としては、オートバイヘルメット用オーディオシステムaddSoundの開発ですが、すでに2020年11月に初回販売を実施し、すでに累計1,500台を販売しています。
開発のきっかけは、社長・社員ともオートバイユーザーですが、スピーカーを耳のすぐ近くに備える従来製品に安全性の問題を感じており、外部音が聞き取りやすい骨伝導スピーカーの技術を応用したものを作れば、この問題を解決でき、新たな製品価値を作れると考えたとのことです。
Q: 東葛テクノプラザに入居したきっかけは何ですか
A: 開発拠点となる物件をネットで探していたところ、東葛テクノプラザの募集があることを知り、応募しました。
Q: 入居して良かった点などありますか
A: インキュベーションマネージャーさんから資金面・技術面で気軽に相談に乗れることや家賃の安さ、エアコン・ セキュリティー完備などが充実していること商談などに応接室などが利用で きることなどがあります。
Q: 入居してから事業の進みはどうですか
A: 既存事業の低迷の立て直しなどにより、開発はかなり遅延しましたが、累計1,500台を販売することが出来、2021年度は単年度黒字を達成しました。
Q: 他の入居企業と連携して開発している事例とかありますか
A: 5075号室に入居している坂野博行デザイン室と共同でaddSoundのデザインをしていただきました。
Q: 企業名の「あおごち」とはどういう意昧ですかまたつけた理田はなんですか
A: 「あおごち」は俳句の季語「青東風」から採っています。夏の青空に吹く東の風という意味です。理由は、日本の企業ということを打ち出したかったことと、インターネットドメインを確実に取 りたかった、ということで選びました。
Q最後に今後の抱負について教えてください
A:オートバイヘルメット用オーディオを応用して、現場作業や宅配などをターゲットとしたB2B市場向けaddSoundの開発を進めているところです。